外壁塗装

◆ 外壁塗装の役割…それは「お住まいを守ること」

外壁塗装は24時間365日、雨や日差しからお住まいを守っています。
塗装が劣化した状態をそのままにしておくと、雨漏りが起こったり、下地の柱が腐ってしまったり、大切なお住まいの寿命を早めてしまうことにもなり兼ねません。
次のような症状が見られれば、そろそろ外壁塗装のタイミングです。

□ 塗装が色あせている
□ 外壁の表面を触ると、手に白い粉がつく
□ ひび割れがある
□ 苔やカビが壁面に繁殖している
□ 塗膜が剥がれている
など

◆ ここがポイント!マルナカ美装の外壁塗装工事

塗装工事は、ただ塗ればいい、というわけではありません。
年月による傷みを補修し、強い外壁を作り上げるには、専門的な知識と技術が必要です。
安心して長くお住まいいただけるよう、当社は次のような部分にこだわっています。

1、下地調整・下地処理を大事にしています

実は塗装後に発生するトラブルの原因80%以上が、「下地調整の不良」。
適切な下地処理がなされていなければ、すぐに塗装が剥がれたり、コーキングにひびが入ったりしてしまいます。
当社にお任せいただければ、傷みの原因を見極めた上で的確な施工を実施。
高圧洗浄やひびの補修、古い塗膜やサビの除去など、一つ一つの工程に時間をかけ、丁寧に取り組んでいるため、内側から強い外壁になります。

2、先のことを考えて、持ちの良い塗料を選びます

高い塗料だから良い、安い塗料は悪い、こういった思い込みは捨ててください。
大切なのは、お住まいにぴったり合った塗料を選ぶこと。
住んでいる地域の気候や日当たり、外壁の素材や既存の下地との相性など、様々な要素を考慮し、ベストな塗料をご提案いたします。
せっかく塗装工事をしたのに、持ちが悪いのでは意味がありません。
10年先のお住まいのことを考え、お客様とじっくり打ち合わせを行っています。

一覧に戻る

▲TOPへ